何をする仕事なのか

めがねと万年筆

バリスタとは

バリスタという職業をご存知でしょうか。
おそらく誰もが聞いたことのある職業だと思いますが、具体的にどういったことをする職業なのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。バリスタとは、コーヒーをいれて提供する仕事です。バリスタとしての一番のやりがいは、やっぱりお客様に「おいしい」と言って頂けた時です。日本でもかなり一般的になったコーヒーですがエスプレッソに関しては「苦くておいしくない」であったり「カフェインが多いから取り過ぎてしまう」といった誤解を抱いている人も多いです。そういったお客様の誤解を取り除き、「おいしい」と言って頂けたらバリスタ冥利に尽きますね。

バリスタに必要な資格

では、実際バリスタになるためにはどういった資格が必要なのでしょうか。日本においては、日本バリスタ協会が「JBAライセンス」というものを発行しています。この資格を取るためには、JBA認定学校で授業を受け、必須課程を修了します。その後、JBAでのライセンス試験を受験し、合格すると、ライセンスを登録してもらうことができ、晴れてバリスタとしての資格を手に入れることができます。ちなみにJBAでのバリスタライセンスにはバリスタとしての習熟度に応じてライセンスにも1~3のレベルがあります。自分の習熟度に応じて、よりレベルの高いライセンスに挑戦していくと良いでしょう。