夢への準備

仕事する

カフェを持つ

「いつかは、自分のカフェを持ってみたい。」どんな人でも一度は考えたことがあると思います。こだわりのコーヒーや料理を提供し、店内には自分の好きな家具や雑貨を並べている、そんなカフェを持てたらとても素敵ですよね。しかし、実際にカフェを持つためにはどんなことをしなければいけなくて何を用意しなければいけないのでしょうか。少し考えてみたいと思います。

持つためには

カフェを持つためには、実際にお店で雇ってもらい、修行をする、そんな方法が一番早いような気がしますよね。しかしここでは、カフェの学校に行くことをお勧めしたいと思います。カフェの学校で学べることは単純な技術や知識、資格だけではありません。カフェ業界の先駆者である先輩たちが一体どうやって実際に店舗を経営しているのか、さらには新メニューの開発の仕方や原価の計算から販促方法まで様々なことを勉強しながら、カフェ経営の成功のためにかなり重要になってくる人脈を作成することもできるのがカフェの学校なのです。どの学校も入るために難しい試験があるというわけではありませんが、やはり学校というものはランクが存在します。高いランクの学校では開業の際にサポートをうけることができ、それによっては現実として開業のかなり大きな障壁となる資金を大幅に削減することも可能です。なので、知識だけでなく、開業し、経営することも考えるのであれば、よく吟味しより良いサポート受けられる学校に入学することが大切です。